滝を間近で!?小樽の秘境【穴滝】へ

滝を間近で!?小樽の秘境【穴滝】へ

今回紹介するのは北海道では希少な滝を間近で見ることができ滝に直接触れたり、滝の裏側にまで入ることのできる珍しいスポットです。

滝までのアクセスの難易度は高くないので、気を付ければどなたでも訪れることができるので、是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

では早速ご紹介していきます‼︎

 

アクセス

小樽の国道5号線、奥沢十字街から国道393号線へ曲がり、天神十字街を真っ直ぐに進み道道697号線を進んだ先にある『天神浄水場』の脇の林道から入って行くことができます。

google mapでも検索可能なのですが、念のため周辺写真を載せておきます。

 

天神浄水場近辺 右奥に進んでいきます。
右手に浄水場が見えて来ますがそのまま真っ直ぐに進むとすぐに穴滝の文字の入った看板が目に入ります。

 

ここから穴滝までは営林署が管理し、登山道として一般に開放されている林道を使用します。
4.5km程歩くことにはなるのですが、高低差がそんなにあるわけではないので、登山をするような体力はなくても大丈夫だと思います。

道中は車両も通行可能な林道ですので、とても歩きやすいです。
沢沿いを登るため、アブや蚊などは多く見受けられたので虫除けはマストで用意して行った方が良いでしょう。

 

1.5km程進むとこのような看板が…
熊は北海道ですとほとんどどこにでもいらっしゃいますのでたとえ整備された林道を歩くと言っても熊対策はして行きましょう‼︎

更にどんどん進みます。

2km程進むとこのような分かれ道がありますので右の道が正解です‼︎

4kmはずっとこのような道程が続きます。

4km地点まで進むと「クマ出没注意」と「穴滝まで500m」の看板が‼︎

あれ?どこに入っていくの…?

周りを見回してみると…

 

看板がおかしい向きを向いているわけではありませんでした。
細い獣道のようですが、確かに道はあり、草をかき分けながら案内通りに進んで行きます。

いよいよ秘境感が増していきますね。

あと500m頑張りましょう‼︎

取材日の前日が雨だったこともあり、道がドログチャの最悪な状態で靴を気にすることを一瞬で辞めました。

皆様は前日の天気などにも十分ご注意ください。

500mはずっとこのような道です。

細い岩道や覆いかぶさる草で道が良く見えないために慎重に一歩一歩を踏み出さなければならない道などアスレッチックのような500mを進んでいくと徐々に道が沢と重なって行きます。

最終的には沢登りのようになります。
※しかし水を避けながら進むことができますので特に岩場など足の置き場などを確認しながら進めば問題はありません。

滝の音が聞こえはじめました。

目的地までもう少しのようです。

 

すると洞窟のような岩場に大きな穴の開いた空間に辿り着きました。

洞窟と言うよりは岩場が半円方に削り取られたという表現が正しいでしょうか。

天井が落ちてこないか心配にはなりますが、いざ入ってみると大穴の中の空間の広さに圧倒されます ‼︎50m程穴が続いており、奥を覗くとついに穴滝です。

まさに穴滝のネーミングがピッタリだなと思う他ありません。

もう少し近づいてみましょう。

とても神秘的ですね。

まだまだ近づけます。

ついに到着です‼︎

前日の雨の影響でしょうか。かなりの水量です。
友人の声が聞こえなくなるほどの迫力です。
滝の音、岩の苔や水飛沫などまさにイメージする秘境そのものです。

 

穴滝には滝壺がないので、直に滝に触ることができます。
浴びたい…と思ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
もちろん浴びることも可能です‼︎笑

 

高さは3m程でしょうか。
小さな滝なので周りを一周回ることができ、滝の裏側にも入っていけます。
一周楽しめる滝なんて、なかなかないですよね?

他では撮影できないであろう、滝との近距離撮影。

滝との距離が近いのでこんな写真も撮影することができます‼︎

ただ洞窟の中からの撮影になるので、撮影を本気でしにいくのであれば、三脚やNDフィルターなどは持参して行った方が良いです。

※撮影機材の水没には十分注意してください。

まとめ

「穴滝」は小樽主要部から車があれば気軽に訪れることができ、150分程あれば往復できてしまう好立地です。しかし気軽に行けるからと言って虫除け対策やクマ対策、汚れても良い格好等しっかりと準備を整えてから出発した方が良いでしょう。

滝周辺はアブやブヨなども居ないマイナスイオンたっぷりの空間で、私は1時間以上もこの場所に滞在してしまいました。

 

投稿者:

corespot196

北海道在住の28歳 普段は幼稚園やトレーニングジムなどで撮影のお仕事をしております。 仕事がお休みの日はカメラを片手に北海道中を飛び回っています。

すべての投稿を表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA